葉酸濃度が低いとED(勃起不全)の症状が進行する?

葉酸濃度にED・勃起不全は関係するの?

Andrologiaの「男性の葉酸葉酸摂取に関する論文」を紹介します。

葉酸濃度とED(勃起不全)との関係

ED(勃起不全)の男性は血中の葉酸濃度が低く、症状が進行するほど葉酸濃度も低いことがトルコの研究で明らかになりました。

トルコのエルズィンジャン大学の研究者らは、EDの患者120名(軽度40名・中度40名・重度40名)と健康な男性40名の空腹時の血液中の葉酸濃度を測定し、EDやEDの症状との関係を調べました。

EDの重症度と血液中の葉酸濃度の関係

その結果、平均の葉酸濃度(単位:ng/ml)は以下の通りでした。

ED(重度) 7.2±3.7
ED(中度) 7.1±3.2
ED(軽度) 10.2±4.6
非EDの男性 10.7±4.6

EDの男性は非EDの健康な男性に比べて血中の葉酸レベルが低いこと、そして、症状が進行するほど葉酸レベルも低くなることがわかりました。

Andrologia

 

葉酸は水溶性のビタミンB群の一種で、DNAの合成に関わることから赤ちゃんの健康な成育に不可欠な役割を担うことから、妊娠前、妊娠中の女性にとって大切な栄養素であることが知られていますが、たんぱく質(メチオニン)の代謝にも関与しています。

「必須アミノ酸」の1つであるメチオニンは、「メチオニン→ホモシステイン→メチオニン」

というサイクルで代謝されていますが、メチオニンがホモシステインに変換される際にはビタミンB6が、そして、ホモシステインからメチオニンに変換される際には葉酸が、それぞれ、補酵素(酵素を助ける)として必要になります。

ところが、葉酸が不足すると、ホモシステインの代謝が正常に進まず、血液中にホモシステインがたまっていき、ホモシステイン高値の状態になります。

このホモシステインが高いレベルが続くと、間接的にEDになりやすくなります。

そのメカニズムは以下の通りです。
ホモシステインは過剰なLDLコレステロールと結合し、活性酸素により酸化されやすくなり、酸化したLDLはマクロファージに食べられて血管壁に付着することで動脈硬化を進めます。

さらに、動脈硬化が血行不良を起こし、それによって陰茎に血液を集める海綿体が充血しにくくなり、EDの発症リスクが高くなるのです。

このように、葉酸不足が、直接、EDを引き起こすわけではなく、アミノ酸の代謝異常からホモシステインという悪玉のアミノ酸を増やし、動脈を硬くし、血行不良がEDのリスクを高めるという連鎖的なメカニズム、すなわち、間接的にEDのリスクを高めると考えられるのです。

トルコの研究者らは、そのように推測し、研究を実施したようです。

葉酸サプリメントを選ぶ時は日本人の体質に合う物を!

葉酸なら何でも良いわけではありません

日本人の40%~50%は代謝回路での人工葉酸代謝に関わるMTHFR遺伝子のC677TとA1298C遺伝子に変異がありますのでFolic Acid(人工葉酸)では男性原因のリスクを改善できません。

日本人は人工葉酸(Folic Acid)ではなく、肝臓を介さず小腸から生体活性される天然葉酸塩(Folate)のほうを摂ることが大切です。
さらに最新の研究では天然葉酸塩(Folate)の中でも生体活性が有るものと無いものがある事がわかってきました。
天然葉酸塩(Folate)を含むサプリメントを求める際は、よく注意しなければなりません。

生体活性形態のこの物質は非活性型メチルフォレートと区別がつきにくい名称で呼ばれるからです。

天然葉酸塩(Folate)サプリメントを求めるときは、下記にとりわけ注意してください。

・L-メチルフォレートと6(S)-メチルフォレートは生体活性がある形態のビタミンB9です。

これらの活性化形態の物質にはこの他メタフォリンとクアトロフォリックが存在します。

・D-メチルフォレートと6(R)-メチルフォレートは生体活性がなく、避けるべきです。

天然葉酸塩でも正確な形態を明言せず「天然葉酸」や「メチルフォレート」、「5-MTHF」としか言えないサプリメントにはご注意ください。

L-メチルフォレートや6(S)-メチルフォレート、メタフォリン、クアトロフォリックを含むことを明言した物を選びましょう。

オススメ葉酸サプリメント

棗参宝は天然の葉酸塩(6(S)-メチルフォレート)を配合しています。